公益社団法人横浜中法人会
 
公益社団法人 横浜中法人会 住所:横浜市中区不老町2-11-8 税経研修センター TEL:045-662-6433 FAX:045-641-8222
HOME 法人会概要 入会のご案内 サービス 行事予定カレンダー 他会行事予定  
【写真】森 日出夫
近沢レース
江戸清
昔ながらのシウマイ 崎陽軒
キタムラ
らくらく仕事塾
広告の掲載について
 



e-Taxにあらかじめ登録すれば、自宅やオフィスから、インターネットで国税に関するさまざまな申告や申請、納税ができ、税務署などに何度も出かける必要がなくなります。横浜中法人会ホームページではe-Taxについてわかりやすく説明いたします。




税務署に行くことなく、自宅やオフィスから、インターネットを利用して申告や納税、さまざまな申請・届出などができる便利なサービスのことです。
特に、源泉所得税の毎月納付など回数が多い手続では、金融機関などの窓口に並ぶ必要もなく、とっても便利なサービスです。


1) 申告:所得税、法人税、消費税の申告はもちろん、酒税や印紙税の申告もできます。
また、「確定申告書等作成コーナー」で作成したデータを引き継いで利用することもできます。
2) 納税:ATMやインターネットバンキング等を利用して、すべての税目の納税ができます。
3) 申請・届出等:青色申告の承認申請、納税地の異動届、電子納税証明書の交付請求など税務に関する申請・届出等の提出ができます。
 


e-Taxを利用できるのは、所得税、法人税、消費税、酒税及び印紙税に係る申告、全税目に係る納税、青色申告の承認申請、納税地の異動届及び納税証明書の交付請求など、税法に規定されている申請・届出等の手続を行う納税者で、インターネットを利用できる環境を有しており、かつ、電子署名用の電子証明書を保有している方です。

また、税理士及び税理士法人等の税理士業務を行う方もe-Taxを利用することができます

なお、申告所得税、法人税及び消費税の電子納税のみを利用する方については、電子署名用の電子証明書やインターネットを利用できる環境がなくても利用できる簡便な手続(特定納税専用手続)があります。


1) 電子申告・納税等開始(変更等)届出書の提出
e-Taxを利用しようとする方は、電子申告・納税等開始(変更等)届出書(以下「開始届出書」といいます)を、事前に納税地を所轄する税務署長に提出する必要があります。提出方法は、書面で行う方法とオンラインで行う方法があります。開始届出書の詳細及びオンラインによる提出については、「利用開始(変更)届出について」をご覧ください。
利用者識別番号等が記載された通知書及びe-Taxソフト(CD-ROM)の発送スケジュールについて
2) 電子証明書の取得
e-Taxを利用しようとする方は、電子証明書を取得していただく必要があります。(特定納税専用手続利用者を除きます)e-Taxでは、電子署名と電子証明書の機能を用いて、安全に、かつ、確実に申告等データの送受信を行うこととしています。なお、電子証明書を発行する認証機関によっては、電子明書がICカードに格納されている場合がありますので、この場合は、別途ICカードリーダ及びそれを使用するためのドライバ(詳しくは、ご利用の電子証明書の発行元に確認してください。)が必要になります。
3) 利用者識別番号等の取得
開始届出書提出後に、利用者識別番号及び暗証番号が記載された通知書並びに国税電子申告・納税システム利用者用ソフトウェア(申告等データの作成・送信等が行えるソフトウェアが格納されたCD−ROM。以下「e-Taxソフト」といいます)が税務署から送付されます。なお、開始届出書で「特定納税専用手続」を選択した利用者には、暗証番号及びe-Taxソフトは、送付されません。

 
4) 暗証番号の変更及び電子証明書等の登録
e-Taxソフト等(e-Taxソフト又は電子申告に対応した民間の税務・会計ソフトウェアをいいます。以下同じ)をパソコンにインストールした後、e-Taxに初めてログインする際に、税務署から通知された暗証番号から任意の暗証番号への変更、電子証明書及び納税用確認番号(電子納税を行うために金融機関システムを利用する際に必要となる任意の番号)等の登録を行う必要があります。(特定納税専用手続利用者を除きます)


e-Tax利用手続きが済んだ後の申告・申請についてのおおまかな流れをご紹介いたします。


利用者は、e-Taxソフト等を使用して、申告等データを作成します。なお、青色申告決算書や勘定科目内訳明細書などの利用者の方が自ら作成する添付書類で様式が指定されているものについては、e-Taxソフト等で作成できますので、基本的には、申告等データとともに送信が可能です。



作成したデータを送信し、即時通知及び受信通知を確認します。データ送信が完了した直後に、e- Taxでデータ形式等やファイルサイズのチェックを行い、正常に受信されたかど
うかの判定、受付番号、受付日時、受付ファイル名及び送信者の利用者識別番号を送信者のパソコン画面上に表示します。



第三者が作成した領収書などe−Taxで送信できない添付書類を税務署へ送付又は直接持参します。e-Taxソフトでは、申告等データの送信後に利用者のメッセージボックスに受付番号及び受付日時等が表示された添付書類送付書が格納されますので、添付書類送付書を印刷した上、添付書類とともに提出してください。



インターネットバンキングなどを利用して、電子納税を行います。
電子納税には登録方式と入力方式の2つの方式があります。また、源泉所得税(自主納付分)は、登録方式により、徴収高計算書データを作成して納付手続を行います。

 
 

社団法人横浜中法人会
Copyright (c) 2004-2006 Yokohama Naka hohjinkai All rights reserved. Produce by saipri