公益社団法人横浜中法人会
 
公益社団法人 横浜中法人会 住所:横浜市中区不老町2-11-8 税経研修センター TEL:045-662-6433 FAX:045-641-8222
HOME 法人会概要 入会のご案内 サービス 行事予定カレンダー 他会行事予定  
公告の掲載について
僕のお守り

【2017.03】ナース師匠。

行きつけの狭い酒場で呑んでいました。

お客は、僕一人。

あまりにもヒマなので、マスターも、ママも一緒に飲み始めちゃった夜8時。

ヒマだねー、今日はきっと、もう誰もお客さん来ないかもねー、ま、水商売だからさぁ、こんな夜もあるよ、などとおしゃべりしていましたとさ。

その酒場は、ちょっと辺鄙なところにありまして、その日は窓から道路を眺めていても人が全く歩いていない。

飲む人は解るかもしれないけど、お客が自分ひとり、というシチュエーションって、とっても帰りづらいんですよね。

何となくお店に悪い気がしてね。

そんなこんなで、3人で呑みながら、静かによもやま話などをしていたんですね。

気の合う常連さんとにぎやかにおしゃべりするお酒もいいけど、しみじみと呑むお酒も楽しいひと時です。

と、ここまではよかった。

ふと、視線を感じて、ガラスの入り口ドアに、目を向けると、3人の若い女性が、店の中をじーっと見ているんです。

入ろうか止めようか、迷っている様子。

女子だけで入っても大丈夫だろうか?

そんな視線。

でもって、目が合っちゃったもんだから、お、お客さん確保のチャンス!と、とっさにオイデオイデのジェスチャーをしてみたワケですよ。

この時点ではっきり言っておきますが、僕には全く下心なんてありませんからね。

すると、その3人の女子、なにやら相談し合っている様子で、やがて、意を決して、という感じで、おずおずとお店に入ってきました。

そして、不安そうに壁に貼ってあるメニューを眺め、遠慮がちにお酒とおつまみを注文したのでした。

僕はカウンター、彼女たちはテーブル席。

ここから先、書くのが怖いな。

僕、女性は好きだしバカにしたことも無いし差別したこともありませんし、女性が関わるいろんな仕事を尊敬しています、ということで、また、ビビりながら書き進めます。

最初はしおらしかった彼女たち、猛烈なスピードで酔っぱらってきました。

酔い方に勢いがある。

もう、うるさいうるさい。大きな声でしゃべりまくる。

でも、とてもうるさいんだけど、異常に楽しそうなので不愉快じゃない。

声が大きいので、どうしても僕の耳にも会話が聞こえてきて、どうも彼女たちの仕事は看護師さんだということが判明。

酔いが加速してきた彼女たちは、僕に、オニーサーン、こっちに来て一緒に飲もヨ〜と言い始めました、悩みを聞いてヨ〜と。

というワケで、一緒に飲み始めたのはいいのですが、その悩みというのを聞いてみるとベロベロになりながら、要するに、夫がいる自分だが、妻子のある職場のドクターを愛してしまったがどうすりゃいい?という内容。

ベロベロを相手に真面目な話をしてもしょうがないので、適当に、そうか、そりゃ切ないねー、つらいねー、などと合わせていたら、僕にガバと抱きついてきて離れなくなっちゃった、飲み屋さんで。

他のふたりも、なぜかその悩みにシンクロしてしまい、僕の手を握ったりする、ベロベロだから。たぶん明日記憶ないだろうなーこの子達。

そう思いながらその状況に耐える僕。

もしその時のシーンをビデオで撮って音声抜きの画像だけ見たら3人の女の子にモテまくってるキタゾノ、に見えるはず。

後日、そのことを、その店の若い常連さんに話したところ、異常に羨ましがって、今度、その看護師さん達と飲むことがあったら絶対自分も呼んでくださいよー、お願いしますよー、僕ナース大好きなんですよーお願いしますよ、ナース師匠!。

ナース師匠ってなんじゃ、意味不明。

Photo:藤間 久子『Slowly』

会員情報
会員リスト
会員専用メニュー
会員専用 会員リスト
メールアドレス登録
操作マニュアル
部会
青年部会
社会経済の動き
 

-天気予報コム- -FC2-
社団法人横浜中法人会
Copyright (c) 2004-2006 Yokohama Naka hohjinkai All rights reserved. Produce by saipri